中古住宅の購入方法 > 中古住宅の魅力とは

中古住宅の魅力とは

中古住宅とは一度購入者により登記された住宅です。

中古住宅には新築住宅にはない魅力があります。

・価格が安い
新築住宅に比べて一般に安価な点が中古住宅を選択する大きな魅力です。

ただし、入居までに修繕やリフォームが必要になる場合があるので物件を直接見て購入の判断を行うことが大切です。

前の持ち主と交渉して、カーテンやエアコンなどを設置されたままの状態で引継ぎ、その分の購入費を浮かせることもできます。

・地域を選択しやすい
中古住宅は各地域に点在しています。

子どもの通う学校の学区に住みたい場合、その学区の住宅を見つけやすいのが中古住宅です。

ただし、学校に近くても学区は別の場合があるので、事前に自治体に問い合わせて学区を確認してください。

通院している病院に近い物件、スーパーに近い物件など中古住宅は条件に合わせての選択肢が広がります。

・住居環境を確認しやすい
中古住宅によっては、まだ売主が住んでいる場合があります。

見学には、人が住んでいる状態の住居を見ることになります。

持ち主から直接話を聞くことができますので隣人に関してや、テレビの受信体系など情報を積極的に集めておきましょう。

・リフォームしやすい
中古住宅は価格が安い分、リフォームにお金をかけることができます。
また、リフォームが必要であることを前提に安いという場合もありますし、値引きの交渉も可能です。

自分や家族の目的に合わせた中古住宅を見つけて購入してください。