中古住宅の購入方法 > 住宅ローンの諸経費

住宅ローンの諸経費

新築住宅・中古住宅を問わず、住宅購入には住宅ローンの利用はかかせません。
ローンの金額だけでも大きいのですが、住宅ローンには借りるために諸経費もかかります。
この諸経費にはどのようなものがあるのかを知っておきましょう。

・団体信用生命保険
住宅ローンを借りた人が亡くなった場合、もしくは重度傷害となった場合にローンの支払いが免除になり、家族が住宅ローンの支払いを続けるといったことを防止できます。
保険料が金利に組み込まれている場合が多いのですが、フラット35など加入が任意の場合もあります。

・保証料
ローンの支払いが滞った場合に備えて保証会社に支払う保険料です。
支払いができない場合、連帯保証を受ける保証会社が代わりにローンを支払うことになります。
最近は、この保証料を設定していない銀行もあります。

・事務手数料
ローン申し込みの取扱手数料ですが、この手数料が不要のローンもあります。

・火災保険料
通常は火災など災害にあった時にために住宅ローンの申し込み時に火災保険加入を勧められます。
火災保険加入の必要のない金融機関もあります。
保険料は物件の価格などによって異なります。
地震など自然災害にも備えたい場合には火災保険に地震保険をセットして申し込んでおきましょう。

この他にも、住宅ローン申し込みの際の印紙税や司法書士への報酬なども必要です。
中古住宅の購入では、このように諸経費も多く必要となります。
充分な資金計画を作り、無理のない支払いにすることが大切です。