中古住宅の購入方法 > 資金計画を立てましょう

資金計画を立てましょう

中古住宅の購入は比較的安いとは言っても何千万円もする大きな買い物であることには間違いありません。
毎月どれだけローンを支払っていけるか、マンションならばローンの他、管理費や駐車場代の支払いが可能なのかを考えなければいけません。
購入に対する諸費用も必要ですし、引越し費用や引越しに伴って新しい家具や電化製品を購入する人も多いでしょう。
住宅を購入すると毎年固定資産税も必要です。
広い家に住み替えると毎月の光熱費も高くなります。
いずれリフォームの必要性もでてきます。

住まいに必要な資金の他、家族が暮らしていくための生活費や教育費なども同時に必要になります。
中古住宅の購入費用だけを考えて貯金を残しておかないと、医療費など急な出費の際に手持ちのお金がないという事態にも陥りかねません。
また、無理な住宅ローンを組むと景気悪化などで給料が下がったときに生活に大きな影響を与えます。
くれぐれも支払いが難しいローンを組まないようにしてください。

例えば、3,000万円の物件を購入する場合、諸費用が1割かかるとして300万円かかります。
最近は頭金の必要のない住宅ローンもありますが、頭金がないと返済期間も返済総額も大きくなりますので、頭金は2割、この場合は600万円準備しておいて欲しいところです。
そうなると契約までに計900万円必要となります。
残り2,400万円をローンで返済する場合、金利2%・30年で元利均等返済するとボーナス払いなしで毎月の返済は89,200円です。
この金額にさらに管理費や駐車場代、生活費をプラスした額の支払いが必要となるのです。
このように今準備できるお金、将来支払っていくお金を考えて資金計画を建てる必要があるのです。