中古住宅の購入方法 > マンションの共用部分と専有部分

マンションの共用部分と専有部分

中古住宅の購入でマンションを選ぶ場合には、集合住宅に関する決まりを知っておく必要があります。

マンションなど集合住宅には、様々な住人が共同で使う共用部分と、個人が所有して使う自室などの専有部分があります。
専有部分は自由にリフォームできても、共用部分は勝手に修繕はできないなどの規制があります。

マンションの購入者には法律によって、区分所有権という区分された各部屋に対する所有権があります。
それ以外の場所が住人共用で使う共用部分ということになります。
具体的にどこまで共用でどこから専有部分なのかを知るためには、購入したマンションの規約をよく目を通すことが大切です。

ここでは、標準的な目安を紹介しましょう。
ベランダやバルコニーは所有者が自由に使える空間ですが、災害時の避難路になりますので、仕切り板の前に通行の妨げになるような物を置いたりできません。
一般には、この部分は共用部分となります。
配管設備は、メーターまでは共用・メーターから自室に引き込んでいる部分に関して専有部分と考えられます。
そのため、水漏れがあった場合、メーターまでの部分が原因ならば管理組合の責任で修理を行い、メーターから自室までの部分が原因ならば所有者が修理しなければならないことになります。
玄関の扉も好きな色や形態にすると外観の問題が生じます。
そのため、玄関は共用部分であると考えられます。

中古住宅の購入ではリフォームも一緒に考えることが多いのですが、中古マンションの場合どこを自由に手が入れられるかを知っておくことも大切です。
必ず管理規約を読み、管理組合や業者などに問い合わせることも大切です。