中古住宅の購入方法 > 住宅ローン控除

住宅ローン控除

景気対策の一環として2009年より住宅ローン控除の額が大幅に増えました。
中古住宅の購入では、この住宅ローン控除を上手に使って確定申告を忘れずに税金を返還してもらいましょう。

住宅ローンの年末残高の限度額は、2009年1月1日~2010年12月31日までは5,000万円です。
2011年1月1日~2011年12月31日までは一般住宅4,000万円・認定長期優良住宅5,000万円、2012年1月1日~2012年12月31日までは一般住宅3,000万円・認定長期優良住宅4,000万円、2013年1月1日~2013年12月31日までは一般住宅2,000万円・認定長期優良住宅3,000万円です。
控除率は、2009年1月1日~2011年12月31日までは住宅ローンの残高に対して一般住宅1%・認定長期優良住宅1.2%、2012年1月1日~2013年12月31日までは一般住宅・認定長期優良住宅共に1%です。
控除の期間は10年間です。
この期間での最高控除額は、2009年1月1日~2010年12月31日までは一般住宅500万円・認定長期優良住宅600万円です。
2011年1月1日~2011年12月31日までは一般住宅400万円・認定長期優良住宅600万円、2012年1月1日~2012年12月31日までは一般住宅300万円・認定長期優良住宅400万円、2013年1月1日~2013年12月31日までは一般住宅200万円・認定長期優良住宅300万円となります。

この控除の対象の中古住宅は床面積50m2以上で築20年以内(耐火建築物の場合は25年以内)もしくは、地震に対しての安全基準に適合している物件です。
築年数が古いなど、条件に満たない場合もありますので注意が必要です。

中古住宅の購入はこの控除対象の物件かどうかもしっかり確認して行いましょう。