中古住宅の購入方法 > 繰り上げ返済と注意点

繰り上げ返済と注意点

中古住宅を購入し住宅ローンを利用すると、その返済が大きく家計に影響を及ぼします。
住宅ローンは返済額のうち返済期間の初めのほうが利息の金額が多く、返済の終わりが近づくに従って少なくなります。
このため、返済期間の早い方に繰り上げ返済をすると元金と共に利息の負担額を大きく減らすことができるので、繰り上げ返済を早めに行おうとする人も多くいます。

この繰り上げ返済には2通りの方法があります。
1つは返済期間を短くする期間短縮型、もう1つは毎月の返済額を少なくする返済額軽減型です。
資金に余裕がある場合は期間短縮型の方が全体の支払額を減らすことができます。
しかし、毎月の返済金額は変わりません。

返済額軽減型にすると毎月の返済額を減らしその分貯蓄に回すことができ、その貯蓄をまた繰り上げ返済に回すということも可能になります。
繰り上げ返済をどちらの方法にするかは、その時の経済状況やライフプランを考えながら決めましょう。

また、繰り上げ返済を急ぐ余り、貯蓄がほとんど残らないような無理な返済をしてはいけません。
昨今の急な景気悪化などで給料が下がり貯蓄ができないばかりか、住宅ローンの返済に困る場合もあります。
急に病気になったり、子どもの進学などで早急にお金が必要になる場合もあります。
手持ちのお金がなくて、他の教育ローンなどに頼ると住宅ローン以上の金利で借りることになってしまい家計の負担を増やしてしまいます。

中古住宅の購入では、リフォームなどの出費も必要になります。
繰り上げ返済を行う場合には、無理のない範囲で返済することが大切です。