中古住宅の購入方法 > 住宅ローンの金利タイプ

住宅ローンの金利タイプ

中古住宅を購入するために利用する住宅ローンには、様々な金利タイプがあります。
どのような金利タイプがあるのかを知って、住宅ローンを決定するための参考にしてください。

・固定金利型
借り入れから支払い終了までずっと金利が変わりません。
フラット35は、この固定金利型です。
金利は高めですが今後金利が変動して高い貸し出し金利になった場合でも、この固定金利は変わることがありません。
金利が決まっているので資金計画が建てやすくなります。
また、今後金利が上がりそうな場合も固定金利にしておくと住宅ローンの支払額が上がるのを防ぐことができます。

・変動金利型
借り入れしている間、半年ごとに金利を見直し適用金利が決まります。
金利の見直しは半年ごとですが、返済額の見直しは5年ごとになります。
金利の変動によって返済額が上がる可能性があります。
返済額が上がる場合は前の支払額の最大1.25倍です。
金利が下がる可能性がある場合には有利な金利タイプです。

・固定金利選択型
最初は固定金利での支払いになりますが、固定金利期間の終了後は変動金利となります。
再度、固定金利選択も可能です。
変更後の返済額は前の返済額に対する増減の上限はありません。

・上限金利設定型
設定された上限金利の範囲内で、金利変動があります。

・ミックスタイプ
固定金利・変動金利、もしくは固定金利期間が違う固定金利タイプ同士の組み合わせなど、選択した金利タイプを組み合わせます。

中古住宅を購入する時には物件だけでなく、このように住宅ローンでも様々な選択を迫られます。
充分これからの経済状況を見据えて金利タイプを選びましょう。