中古住宅の購入方法 > 不動産広告を見る時の注意点-その2

不動産広告を見る時の注意点-その2

新築住宅や中古住宅を購入する時には不動産広告を参考にすることが多くなります。
不動産広告を見る時には、様々な注意点があります。

・交通の利便性(駅、学校、スーパー、病院などの施設への距離・所要時間)
駅から徒歩○分、という表示では、徒歩での道のりを80m=1分として計算されています。
坂道や信号待ちにかかる時間は考慮されていないので、必ず自分の足で確かめることが大切です。
またマンションが何棟もあるような場合、駅などの施設から一番近い部分が表示されているので注意が必要です。

・電車やバスの所要時間
電車やバスはダイヤに応じた所要時間が表示されています。
ただし、乗り換え時間や待ち時間は計算に入っていません。
また、電車やバスの本数は表示されていないので、実際に現地で交通機関を利用して自分の目で確かめることも大切です。

・用途
第一種低層住宅専用地域など、用途地域の種類が明記されています。
各用途地域によって建物の種類(店舗が建てられないなど)、建ぺい率や容積率などが異なります。
中古住宅を購入時に違反物件なのかどうかを判断する材料になります。
また、購入後に改築などで違反にならないように気をつけなければいけません。
さらに、用途地域によっては工場やパチンコ店などが建てられるので、どのような用途地域であるかを知っておくことは購入の目安になります。
閑静な住宅に住みたいと思うならば、店舗などを建てる制限が厳しい用途地域の物件を選びましょう。